MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 自律神経失調症の記事一覧

イメージで身体は変わる

2024.01.16 | Category: からだ

(さらに…)

天気が悪いと調子が悪くなる気象病

2023.06.20 | Category: からだ

こんにちは

 

最近は天気が不安定でそれにより体調不良になる方が多いのでそれについて書きます。

 

三ノ輪南千住あさり鍼灸接骨院では雨が降ると頭痛、肩こり、膝痛、腰痛、身体が重い、憂鬱などの症状を訴えて来院される方がいらっしゃいます。

 

天気が悪いと低気圧が原因だと思いがちなのですが実は「気圧の変化」にあります。

 

この気圧の変化を感じるセンサーは内耳にあります。

 

内耳は耳の奥にありリンパ液で満たされています。

 

気圧を変化させた実験では内耳にある平衡感覚をコントロールする前庭神経が反応し

 

”身体が回転している”という脳の勘違いがストレスとなって交感神経が興奮し自律神経が乱れます。

 

交感神経が過剰に働くと血管が収縮し、血流が低下して不調を増幅させます。

 

一方で内耳自体の血流も低下し、リンパ液の滞りによるむくみで、気圧のセンサー機能にさらなる悪影響を与えることになります。

 

痛みそのものも交感神経を興奮させる要因になるのでさらに気象病が悪化します。

 

当院では耳まわり結合組織(筋肉や筋膜など)を柔らかくすることで前庭器にアプローチします。

 

前庭器は自律神経系はもちろんですが股関節、膝関節にも大きく影響します。

 

悩まれている方は気軽にご相談ください。

 

 

 

南千住駅 三ノ輪駅 自律神経

三ノ輪南千住あさり鍼灸接骨院

自律神経の治し方

2023.05.07 | Category: からだ

こんにちは

 

今回は自律神経の治し方について。

 

自律神経の症状で悩まれている方の症状は様々。

 

頭痛、息切れ、イライラ、動悸、腹痛、不眠、など

 

昼間に活動的になる交感神経

 

夜間にリラックスする副交感神経

 

このバランスが乱れてしまうのが自律神経です。

 

自律神経は脳の中の脳幹というところに中枢があります。

 

ここの機能がうまくいかなくなると自律神経のバランスも乱れやすくなります。

 

ではどうしたらいいのか。

 

自律神経失調症の原因は様々なので色々なアプローチがあるのですが

 

当院で教えているエクササイズを一つ紹介します。

 

『立ってユラユラ」

 

足を肩幅に広げ目線を少し上げて身体を左右にユラユラです。

 

1回1~2分、1日3回はやってほしいですね。

 

すぐには効果はでませんが積み重ねていくことで少しずつ効果がでます。

 

当院で自律神経で悩まれている方を多くみます。

 

病院で薬をもらったり、TVや本で紹介されたものを続けたり

 

良くなっているなら続けるといいと思います。

 

なかなか改善がみられない、早く治したい、薬を飲みたくない。

 

そう思われる方は気軽にご相談ください。

 

 

三ノ輪駅。南千住駅 自律神経

三ノ輪南千住あさり鍼灸接骨院

自律神経の調整

2021.10.08 | Category: からだ

今日は自律神経について

▲南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

 

先日もGoogleの口コミで

 

よく眠れるようになったとコメントがありました。

 

コメントを頂き、本当にありがとうございます。

 

睡眠は当院の改善したいポイントの一つで

 

自律神経の改善に大きく関わります。

 

腰痛、肩こり、膝痛、坐骨神経痛など

 

睡眠と関係なさそうな症状の方にも

 

必ず施術の中に睡眠の質を上げる手技(自律神経の調整)が少なからず入っています。

 

それは睡眠の質を上げる事で

 

他の症状の改善に繋がるからです。

 

患者様方には聞かれない限り

 

その事を話していませんが行っております。

 

サービスではなくその症状を治す為です。

 

首や腰が主訴の患者さまにもお腹や足を触るのはその為です。

 

自律神経の失調が主訴の患者様には

 

全ての時間を自律神経の調整に時間を当てます。

 

眠くなる、お腹が空く、呼吸が深くなる。

 

この生きていく上でとても大切なことが

 

実感できると思います。

 

5年後、10年後、自分が元気でいるために

 

自律神経を整えておきましょう。

 

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院では

 

自分で自律神経を整えるエクササイズも教えています。

 

自律神経の治療について→コチラ

 

 

交通事故 労災認定

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

 

呼吸改善の実践

2020.05.20 | Category: からだ

前回のブログの続きです。

 

分かりにくいところ、情報不足のところがあったので色々付け加えました。

 

お手隙でしたら今一度読んでみて下さい。

 

今回は自分でできるエクササイズです。

 

呼吸が浅くなっているヒトに多い状態として

 

胸の硬さがあります。

 

少し詳しく言いますと

 

胸骨と肋骨の間にある胸肋関節、

 

▲胸肋関節 南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

 

そしてそれらの表面にある筋膜、骨膜などの膜です。

 

この胸肋関節と膜が硬くなります。

 

硬くなると関節は動かなくなり

 

膜は伸びなくなります。

 

結果、呼吸が浅くなることがあります。

 

これらを改善するエクササイズをこれから紹介します。

 

①うつ伏せになる。

 

②お尻をユラユラさせる。

 

③少しだけ胸のユラユラも意識します。

 

うつ伏せユラユラ体操です。

 

1日朝晩3分ずつです。

 

これを行うことで筋膜、骨膜が柔軟になり胸肋関節の動きも少しずつ改善します。

 

呼吸改善によるメリットはとても大きいのでぜひ実践してみて下さい。

 

うつ伏せフリフリ体操にならないように

 

気をつけて行いましょう!

 

交通事故 自賠責
三ノ輪南千住あさり鍼灸整骨院

呼吸を意識してみる

2020.05.13 | Category: からだ

呼吸を意識した事ありますか?

 

当院にいらっしゃっる患者さまの中でも

 

呼吸を意識した事がない方ほとんどです。

 

産まれてから1度も止まる事がなく続いている「呼吸」

 

実はこの呼吸機能に異常がある方は多くいらっしゃいます。

 

色々な異常がありますが

 

特に呼吸が浅くなってしまっている方がよくみられます。

 

呼吸が浅くなってしまうと

 

1、肩で呼吸をしてしまい肩こりになりやすくなる。

 

2、筋肉に酸素が行き渡りにくくなり筋肉が硬くなりやすくなる。

 

3、身体全体での衝撃が緩衝しにくくなり腰、股関節、膝に痛みが出てくる。

 

4、身体がリラックスしにくくなり交感神経優位になってしまう。

 

5、落ち着きがなくなり集中しにくくなる

 

6、身体の運動効率が悪くなりパフォーマンスが落ちる

 

腰痛や肩こり、膝痛や坐骨神経痛や自律神経失調症の原因にもなりかねません。

 

意外と呼吸が改善してこれらの症状が劇的に改善する方もいらっしゃいます。

 

膝が痛いから

 

膝周りを電気やマッサージ。

 

腰の歪みがあるから骨盤調整。

 

足首の向きが悪いから足底板をいれる。

 

それらでも改善しない方はいらっしゃいます。

 

呼吸機能に問題があって胸や背部が硬くなり、

 

全身の衝撃緩衝がうまくいかなければこれらの治療は意味がありません。

▲胸郭 ビジブルボディ 南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

 

逆に胸郭(胸、肋骨、背部)が柔軟になると

 

骨盤の歪みがとれ足首の向きが整う方もいらっしゃいます。

 

当然、膝の痛み改善し、スムーズに歩行ができます。

 

身体の治療を突き詰めると呼吸機能が絡むのは間違いないと思います。

 

次のブログでは自分でできる

 

胸郭を柔軟にできるエクササイズを紹介します。
(呼吸改善の実践ブログ)

 

交通事故 労災
南千住三ノ輪あさり鍼灸整骨院