MENU TEL
自律神経失調

自律神経は、次の二つに分けることができます。
交感神経と副交感神経です。
交感神経は活発に動いている時や起きている時に働く神経副交感神経は
安らぎをもたらす神経で主に眠っているときや、リラックスしているときに働く神経です。
交感神経は別名「活動神経」、副交感神経は「リラックス神経」 とも呼ばれています。
ラジオ体操の終わりに、静かにゆっくり息を吐くことがあります。
息を吐く動作の時は、副交感神経が働き、リラックス効果が促されます。
反対に息を吸う時は、活動神経(交感神経)が働きます。
又、スポーツをすると、心臓の鼓動が激しくなり、休憩すると鼓動がゆっくりになります。
これは、交感神経と副交感神経が働くことによって起きる現象です。
このように、人間の身体は本来、運動時には交感神経が働き、リラックスしている時には、
副交感神経が働くようになっているのです。

近年、深夜まで起きている人が大変増えました。
先ほど述べたように、副交感神経は、主に夜の時間帯に働く神経です。
人間は本来、夜になると、自然に副交感神経の働きが強くなるので、
眠たくなるという現象が起きてきます。
しかし、深夜まで働く人が大変増えたため、交感神経(活動神経)の働く時間が
それだけ長くなりました。
交感神経の活動時間が長いということは、リラックス神経である副交感神経の活動時間が
減ってしまうことになります。

また、緊張状態(ストレスを抱え込んでいる状態)の時にも、交感神経は活発に働きます。
緊張状態が長くなるほど、交換神経が働きっぱなしの状態になり、
交感神経の働きが弱くなってしまうのです。

このように不眠やストレスなどが原因となり、
交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こる病を自律神経失調症と呼びます。
東洋医学には、自律神経失調症という病名はなく、全ては、臓器諸器官の乱れと考えます。
西洋医学的にはかなりあいまいな病名で、
「臓器はどこも異常ないけど、とても辛い症状はある」
というような状況で、この病名を使うことが多いのです。
ですから、病気の場所を具体的に特定して治療を行う西洋医学には、
大変扱いづらい病気でもあり、これが、日本で精神疾患の患者が増え続けている
大きな理由のひとつです。
しかし、東洋医学では、自律神経失調症という病気ははっきりしていて、
全身の臓器諸器官のバランスが 乱れ始めた身体の状態にあたります。
そして、東洋医学に基づく鍼灸治療は、身体全体のバランスを診るのが基本です。
一つ一つの症状を別々に診る西洋医学とは違い、全身を診て治療します。

この見地からみるに、自律神経失調症は、
決して現代になって新しく現れた特別な病気でもないのです。
なぜなら鍼灸治療が自律神経失調に対応できるのは、
元々備わっている自然治癒力をアップさせる治療に大変適しているからです。
臓器諸器官の乱れを整えることによって、自律神経の乱れを治す、
つまり心の病を治すというのが鍼灸治療の概念です。

自律神経失調症と言われる症状の多くは、内臓、脳や脊髄などの中枢神経の
機能低下が原因です。
西洋医学で治療に限界を感じた方が、鍼灸、漢方などの治療を受けることになります。
また、鍼灸治療は自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整え、
肩や腰などのこりを柔らかくし、身体全体の血液の循環を良くしようと
働きかけるものでもあります。
鍼灸(針灸)治療を行った後は、身体の痛みがずいぶん楽になり、
気分がとてもよくなるというのは身体全体の血液の循環が良くなることの影響のです。

身体が悪いとどうしても気分も沈みがちになります。
しかし、身体が健康であれば、気持ちもどんどん前向きになってきます。
身体が軽くなれば心も晴れやかになり、イライラが解消したら、
夜もぐっすり眠れるようになります。
自律神経失調症に対しては、まず病院で治療し、大量の薬を飲む前に、
あさり鍼灸院・接骨院の鍼灸治療も試してみてもよろしいかと思います。

 

現在は手技療法でも自律神経の改善がみられます。

以前は自律神経失調の症状に対し鍼灸治療が多かったですが現在は手技の方がメインになりました。自律神経は脊椎の際に交感神経節があり、鍼灸治療の場合は肌を露出しなければなりません。しかし手技の場合はその必要がありません。また鍼は怖さや不安がある方もいらっしゃいますが手技の治療はとてもソフトで優しい施術なのでその心配もいりません。症状によっては鍼の必要も出てくるかもしれませんが問診の際、しっかり説明し納得して頂いてから施術に入ります。今(2019年9月)手技のみの方が比較的多いです。

自律神経に関連するブログ→身体に触れるということ

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0003 東京都荒川区南千住1-17-2 ジョイフル三ノ輪商店街
駐車場なし
電話番号03-6806-6122
予約お電話でのご予約が可能です。※予約優先
休診日月曜午後・木曜