MENU TEL
腰痛

腰痛を根本治療するなら荒川区の三ノ輪駅、三ノ輪橋駅、南千住駅から近い
あさり鍼灸院・接骨院

腰痛は多くの方を悩ませる症状です。

動いたときに痛みが出てくるものもあれば、

横になって安静にしているのに痛みが出てくるもの、

さらには痛みだけではなく脚の痺れが出てきたりすることもあり、

症状は人によって異なります。

そのため、荒川区の三ノ輪駅、三ノ輪橋駅、南千住駅から近いあさり鍼灸院・接骨院の腰痛治療は

患者様ごとのオーダーメイド治療となります。

まずは原因を探っていきます

腰痛の原因はさまざまです。

悪い姿勢や動作が繰り返されることだったり、

交通事故による衝撃によるものという場合もあるでしょう。

何故腰痛が起こっているのか、その原因を探ることが根本治療につながります。

荒川区の三ノ輪駅、三ノ輪橋駅、南千住駅から近いあさり鍼灸院・接骨院では、

日頃の生活習慣などについてもお伺いさせていただき、腰痛が起こっている原因を見つけてから治療に入ります。(「良い姿勢のポイントは腹圧」→コチラ

再発を防止するために

荒川区の三ノ輪駅、三ノ輪橋駅、南千住駅から近いあさり鍼灸院・接骨院の治療で改善されたとしても、

以前と同じ生活を続けていれば再発してしまう可能性も考えられます。

当院では再発防止のために生活習慣やからだの状態から効果的なストレッチ、アドバイスをおこないます。

(例、腹圧を上昇させるエクササイズ、食事の際の座り方、信号を待っている際の立ち方など)

ギックリ腰は癖になりません。

ギックリ腰は癖になる、定期的に腰痛になる。

これらは身体がきちんと治っていないからです。

痛みが出るということは悪い時の身体の習性が残っていると言えます。

当院ではこの悪い習性を良い習性に変え、腰痛にならない身体に変えていくのを目標にしています。

ギックリ腰は痛みが出る前にアキレス腱の左右差が出ると言われています。

つまり腰痛になる前に既に身体は悪くなっているのです。(「ギックリ腰」→コチラ

腰痛の種類は様々

腰が痛ければ腰痛なのですが種類は沢山あります。

腰骨近辺が痛い方もいれば外側の筋肉が痛い方、骨盤辺りが痛い方など痛みの場所だけでも様々、

さらにどの動作で痛いか、また痛みの種類、「ズキッ」とした鋭い痛みの方もいれば「ドーン」と鈍い痛みの人もいます。

それぞれアプローチの方法が違います。

例えば下の写真のように首と腰は筋肉、筋膜、神経を通して繋がっているので首の影響を受けて腰痛になる方もいらっしゃいます。

その場合は首にアプローチしないと改善は少ないと思われます。

▲anatomy trainから

身体の歪みがとれると痛みは自然に良くなる

腰に痛みがある方のほとんどは身体が歪んでいます。

特に骨盤や股関節、膝、足首など下半身の歪みが腰に大きく影響を及ぼします。

腰痛が減少していても歪みがあればまた腰痛が発症し、腰痛があればさらに首や肩の症状になりかねません。(「身体の左右差は普通、”正常な歪み”」→コチラ

南千住駅、三ノ輪駅近くのあさり鍼灸接骨院では予防を兼ねて身体の歪みを正しく改善していきます。

足の影響で腰痛に

足の裏、足首、ふくらはぎなどの影響は計り知れません。

歩くとき何を考えて歩いていますか?

右足出して、左手を前になど動きを意識している人は少ないはずです。

人間は無意識に自動的に歩いています。

歩行時の足の接地、足首の歪み、ふくらはぎの張りなどが無意識に異常な歩行に導いてしまうことが多々あります。

それにより腰痛になってしまうこともあります。

この様な状態になればいくら腰にマッサージや指圧、整体などを行っても改善されません。

足の状態からの腰痛は足にアプローチしなければなりません。

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院では腰痛に対するアプローチを多角的に評価しアプローチ致します。

▲足とインソール

反り腰と猫背

40代までの腰痛と言えば反り腰が多いです。

荒川区南千住あさり鍼灸接骨院でも反り腰で来られる方は多くいらっしゃいます。

これは身体の前後の筋肉のバランス、腹圧、頸部に問題があります。

前後の筋肉のバランスを整えてもまた戻ってしまうのは他に問題があるからです。

また猫背にも同じようなことが言えます。

特に猫背の場合は背中が張って辛くなり背中をマッサージしたり、

ゴリゴリ何かに押し付けてしまう方がいらっしゃいますが逆に悪化します。

(猫背は背中をほぐしてはいけませんブログ

さらに猫背にならないように常に背筋を伸ばして頑張っている方も背中の筋肉が疲れ、さらに猫背になります。

当院で施術を受ければリラックスしても自然に身体は立ちます。▲腰椎から胸椎 南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

仙腸関節による機能異常

身体を支える骨盤その中に仙腸関節と呼ばれる関節があります。

中央に仙骨、両サイドに腸骨という骨で関節をなしています。

この仙腸関節、以前は動きがないということで不動関節と呼ばれていましたが

近年では微少だが動くということが常識になりました。

そして南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院は

この仙腸関節が身体全体に与える影響はとても大きいと考えています。

仙腸関節はレセプターと呼ばれるセンサーがとても多く

無意識に身体をコントロールしています。

仙腸関節に機能異常を起こすとこのセンサーがうまく働かず関節の可動域制限、

筋力、協調性の低下、疼痛出現などを引き起こします。

仙腸関節の動きを整える事によって

腰痛の改善を期待できます。

▲仙腸関節

長時間のディスクワークによる腰痛

新型コロナウイルスによる自宅自粛で

腰痛によって治療院に来られる方が増えました。

通勤がなくなり外に出る機会が減るので歩行する時間が減り腰から下の運動減少、

長時間座位によるおしりの圧迫が主な要因と思われます。

その為、当院に来院される腰痛の患者様のほとんどは

股関節の歪みと臀部の筋肉(おしりの筋肉)の異常が見られます。

この歪みがある状態では歩行やランニング、筋力トレーニングをしてもさらに悪化させてしまいます。

股関節の歪みの調整、臀部の筋肉の緩みが改善カギになります。

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院では歪みを改善するのは必須の施術になります。

土台を整える事が腰痛や背中、首、肩の改善に繋がります。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症は治るのか

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症の診断を受け悩まされているいる方は多くいらっしゃいます。

私も腰椎分離症の診断を受けて現在もレントゲン上は腰椎分離症です。

このレントゲン上の状態を治すのは当院の施術では難しいです。

手術等の外科的な処置が必要となるでしょう。

しかし当院にいらっしゃる患者様の中には

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症の診断を受けて

かなり症状が楽になっている方もいます。

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院では骨の変形や異常は治すことができませんが

『症状』には改善する余地があり、症状が軽減する方は多くいらっしゃいます。

過去に私も腰痛に悩まされていました。

私は中学生の時から腰痛持ちで3年くらい前まで時々起こるギックリ腰に悩まされていました。

平成30年、整形外科でレントゲンを撮って受けた診断名は腰椎分離症。

腰に負担がかかる運動はやめましょうと言われました。

現在もその分離(骨折)の後はしっかり残っています。

しかし現在は腰痛はありません。

自分の身体を知り、それに合ったケアをして腰痛を克服しました。

ボルダリング、ランニング、トレイルラン、サイクリング、登山、全く問題ありません。

(2019年には日本アルプスをそれぞれ登りましたブログ)大切なことは治すことよりもそれからのケアが大切です。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0003 東京都荒川区南千住1-17-2 ジョイフル三ノ輪商店街
駐車場なし
電話番号03-6806-6122
予約お電話でのご予約が可能です。※予約優先
休診日月曜午後・木曜