MENU TEL

Blog記事一覧 > からだ > 慢性化した身体の弊害はスマートフォンから!?

慢性化した身体の弊害はスマートフォンから!?

2019.03.08 | Category: からだ

もはやスマートフォン(下記スマホ)は

 

日常になくてはならないもの。

 

肩が痛い。

 

肘が痛い。

 

首こり、肩こりがある。

 

スマホを持つ手側なら

 

今すぐ逆の手に持ち替えた方が良いです。

 

スマホを持ちながら

 

ゲームやってる方。

 

動画を見ている方。

 

要注意!

 

スマホを持つ手と逆側に症状があるならまた違う問題からくる症状でしょう。

 

スマホを持つ側ならそれを直さないと

 

一生治らないかもしれない。

 

肩コリ以外にも背骨もかなり影響されます。

 

簡単に猫背になってしまいます。

 

電車に乗っていて

 

姿勢よくスマホを見ている方はほとんどいません。

 

JR、地下鉄で周りを見て下さい。

(先ず、ほとんどの方がスマホを見ている事に驚く笑)

 

おそらく似たような姿勢でスマホを見ています。

 

猫背が多いですよね。

(猫背になると肩コリ、首コリになりやすいですからね)

 

先月、患者様でも

 

「クライミングで傷めた肘がなかなか治らない」

 

という方がいました。

 

その方も傷めている側の手で

 

スマホを見ている患者様でした。

 

身体は常に治そうしてるはずです。

 

それに抗っているのは自分の習慣だったりします。

▲荒川区 南千住 あさり鍼灸接骨院 スマートフォンによる身体の影響

 

でもスマホを見ている時は痛くない。

 

これが曲者。

 

立位でスマホを見ている状態で

 

持っている側の力こぶを触ってみて下さい。

 

カチカチに筋肉が硬くなっていますよね?

 

意外と肩コリ、首コリがこんな形で発症します。

 

 

交通事故 荒川区 南千住 三ノ輪

あさり鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0003 東京都荒川区南千住1-17-2 ジョイフル三ノ輪商店街
駐車場なし
電話番号03-6806-6122
予約お電話でのご予約が可能です。※予約優先
休診日月曜午後・木曜