MENU TEL

Blog記事一覧 > からだ > 5本指ソックスを推奨しない理由

5本指ソックスを推奨しない理由

2019.12.11 | Category: からだ

腰痛や膝痛、身体のコリが患部からだけではなく足からくるのもご存知ですか?

 

靴やソックスの影響は皆様が思っているより大きいです。

 

今回はソックスについてブログを書きます。

 

まず、当院では5本指ソックスは推奨しません。

 

イメージとしては「足の指それぞれが別々に動き、床を掴むように歩く事ができる」と思ってはいませんか?

 

人間の足には足根骨と言って石ころの様な骨が7個あります。


▲足 南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院

 

歩行の着地の時にこの7個の骨が緩み、衝撃を緩衝します。

 

蹴り出す際はその7個の骨が連結し固めることで床からの反力を使い、蹴り出す事ができます。

 

しかし5本指ソックスを履くと

 

足の指と指の間に布が2枚ずつ入るので足の骨と骨の連結を無理矢理引きはがすことにつながります。

 

すると連結が弱い状態で蹴り出そうとするので足の形が崩れて、土踏まずのない、扁平足になってしまいます。

 

扁平足になると身体は衝撃をダイレクトなか受けることになります。

 

また土踏まずへの刺激は腹圧が減少してしまうので

 

さらに身体は歪み、悪循環に陥ります。

 

そういう意味で言いますと土踏まずを支えるアーチパッド、アーチを作るインソールも良くはありません。

 

当院でおすすめする機能的なソックスもありますが身体の不調がなければ普通のソックスで十分です。

 

足の指を鍛えるくらいなら感覚を鍛えましょう(足から身体への影響)

 

 

三ノ輪南千住
あさり鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0003 東京都荒川区南千住1-17-2 ジョイフル三ノ輪商店街
駐車場なし
電話番号03-6806-6122
予約お電話でのご予約が可能です。※予約優先
休診日月曜午後・木曜